トップページ > Webギャラリー > 個展 > 松本二朗さん


松本二朗さんの個展コーナー


松本二朗さんの作品を写真でご紹介する個展コーナーです。
作品は拡大表示した時に、画像右半分をクリックすると次の画像が表示されます。

オールデイズ ルート66C

製作者:松本二朗さん
スケール:1/160
サイズ:14cmx6cm


子供の頃テレビで見ていた、1950年代、古き良き時代のアメリカ。
黄昏時のルート66に面した、ガソリンスタンド。背景は、グランドキャニオン。

1/43・モデルカーのケースにレイアウトしてみました。グランドキャニオンを背景に、屋外の芝生では、バーベキュー。
モデルカーのケースはスタッキングも可能なので、自由なレイアウトが出来るかと思います。
ウッドランドシーニックス社製のストラクチャーと、さかつう社製電子パーツ(LED)を利用して作りました。


12345

オールデイズ ルート66B

製作者:松本二朗さん
スケール:1/160
サイズ:28cmx12cm


子供の頃テレビで見ていた、1950年代、古き良き時代のアメリカ。
クリスマス・雪化粧のルート66。L.A.
郊外のガソリンスタンドとビール工場。


12345

古里の思い出 昭和30年代

製作者:松本二朗さん
スケール:1/160
サイズ:100cmx70cm


小さな田舎町で少年時代を過ごしました。夏休みの思い出。駅前の街頭テレビで見た力道山、海水浴、夏祭り、境内の夜店、校庭での盆踊り、花火大会、裏山での虫採り・・・・
戦後の復興も一段落し、豊かでは無かったけど、皆が同じ価値観を共有し、とても幸せだった時代。

田口工房のジオラマをベースに、様々なストラクチャーを小さめにリサイズして仕上げました。


12345

オールデイズ ルート66A

製作者:松本二朗さん
スケール:1/160
サイズ:28cmx12cm


子供の頃テレビで見ていた、1950年代、古き良き時代のアメリカ。
From Chicago to L.A. ルート66の出発点。シカゴの街並み。

第二次大戦後、ヨーロッパの戦地からアメリカ本土に戻った兵士達は、ルート66経由でアメリカ大陸を横断し家路に就いたそうです。

クリアーのアクリル・ベースにマウント。 全て、ウッドランドシーニックス社製のストラクチャーと、さかつう社製電子パーツ(LED)を利用して作りました。


12345

オールデイズ ルート66

製作者:松本二朗さん
スケール:1/87
サイズ:およそA4サイズ 2面


子供の頃テレビで見ていた、1950年代、古き良き時代のアメリカ。
ルート66に面した、ガソリンスタンドとドライブスルー。

クリアーのアクリル・ベースにマウント。
全て、ウッドランドシーニックス社製のストラクチャーと、さかつう社製電子パーツ(LED)を利用して作りました。


12345

リトルジャマー イン ニューオリンズ

製作者:松本二朗さん
スケール:1/12
サイズ:不明


フィギュア及びコントロールボックスのスピーカー部分は取り外し、それぞれの音声信号を上方にマウントしたミキサーに入力しました。マイナス・ワン演奏が可能となりました。
ラック下方に「ギター・シンセサイザー」をマウント。ギターのみで各パートのマイナスワン演奏に合わせて一緒に演奏することが出来ます。
ディスプレー前方に小型ビデオカメラが設置してあるので、自分の演奏している様子を一階ステージ後方のモニターテレビで見ることができます。


12345

リトルジャマー 演歌の花道

製作者:松本二朗さん
スケール:1/12
サイズ:不明


浮世舞台の花道は表もあれば裏もある。花と咲く実に歌あれば、咲かぬ花にも歌ひとつ。

設定は、テレビ東京、『演歌の花道』の収録風景。
美空ひばり様・正月公演(新宿コマ劇場)。
上階がステージ。階下にはオーケストラボックスと、ひばり様の控え室。控え室のテレビには、1.5インチの液晶モニターを埋め込み、ステージに設置した小型CCDカメラで、楽屋でもライブ映像が楽しめます。


12345

リトルジャマー イン ニューヨーク A

製作者:松本二朗さん
スケール:1/12
サイズ:不明


公園に設営された屋外ステージ。
リトルジャマー・ポップス・オーケストラがロックバンドと競演中。
John Bon Jovi/Richie Sambora/Elvis Presley/Jimi Hendrix/Kurt Cobain等、たくさんのミュージシャンも参加いています。


12345

リトルジャマー イン ニューヨーク @

製作者:松本二朗さん
スケール:1/12
サイズ:不明


ニューヨーク・ブルックリン、イーストリバー沿いのライブハウス。
ステージ側面、後方に設けた窓からは、マンハッタンの黄昏時の情景(モーションピクチャー)が見られます。
ゆっくりと流れるイーストリバー、水面に写る、摩天楼。
ステージでは、日本から来た「リトルジャマー・ジャズ・オーケストラ」が、夜のライブのリハーサル中。
オーディエンスは昼のライブを終えた、現地のブルースバンドのメンバーです。


12345

このページの先頭へ