トップページ > Webギャラリー > 個展 > パンターニさん


パンターニさんの個展コーナー


パンターニさんの作品を写真でご紹介する個展コーナーです。
作品は拡大表示した時に、画像右半分をクリックすると次の画像が表示されます。

詰所

製作者:パンターニさん
スケール:1/80
サイズ:W20cm×D8.5cm×H6cm


エムズコレクションの「詰所」を組み立てたものです。このキットは内装が標準で付いてきますが、エコーの小物を足して賑やかにしています。外回りも雨樋をはじめ小物を配置して活気のある詰所を再現しました。CRD制御のLEDを仕込んでありますので、夜景の時に窓から中を覗くと温もりのある光景に引き込まれそうです。


12345

駅構内物置

製作者:パンターニさん
スケール:1/80
サイズ:W7cm D6cm H5cm


エムズコレクションの「駅構内物置」を組み立てたものです。
クレオソートやすすで黒くなりながら、それでいて経年のため白茶けたような状態にするために、よくあるSTカラー仕上げではなく、ウレタンニスを使う技法にしています。アクセントに竹ぼうきが2本。駅周辺や機関庫付近等線路脇ならどこにでも設置できます。


12345

小さな改札(トタン屋根)

製作者:パンターニさん
スケール:1/80
サイズ:W8cm D6.5cm H6cm


ヒルマモデルクラフトの「小さな改札(トタン屋根)」を元に合理化の進む以前の地方私鉄で見られたタイプにしました。
建物の色は地鉄によくあるようなものにしました。
くたびれたトタン屋根や雨樋電球色LEDそして黒板に白ペンキ文字の運賃表や時刻表の追加で昭和の地鉄駅の改札口を再現しました。


12345

ローカル駅舎

製作者:パンターニさん
スケール:1/80
サイズ:W20cm D13cm H8cm


ヒルマモデルクラフトの「駅舎」を種に木部はすべてSTウッドバスウッドを貼り、ステインで染めています。雨樋などを追加しています。電球色LEDで昭和のローカル駅を再現しました。駅名標は仮張り用の両面テープで貼っているので、簡単に貼り替えができます。


12345

駅前食堂

製作者:パンターニさん
スケール:1/80
サイズ:W15cm D10cm H7cm


エムズコレクションの「駅前食堂」の窓・ドアがレーザー抜きの新版です。外壁の木部はSTウッドを張り、雨樋等でディテールアップしています。屋根のメリハリをウェザリングで強調しています。気っぷのいいおばちゃんの大衆食堂と親父は古いがネタは新しいと評判のすし屋という設定です。電球色LEDにより昭和の夜も再現。


12345

保線掛詰所

製作者:パンターニさん
スケール:1/80
サイズ:W77×D41×H42mm


エムズコレクションの保線掛詰所です。アクセサリー等で変化をつけました。基本塗装は古鈍色でウェザリングは主にハンブロールとタミヤウェザリングマスター。差掛け屋根の下には水道蛇口流し二槽式洗濯機、屋内にはストーブヤカンを置きました。また照明用のチップLED電球色をCRDとともに配置しています。


12345

2線跨線橋

製作者:パンターニさん
スケール:1/80
サイズ:W21cm D14cm H11cm


オーソドックスな2線跨線橋です。くたびれた感じを出したかったので、ウェザリングはきつめです。赤錆の表現は何種類か使っていますが、今回メインにしたのは、フロッキルのウェザリングセットにあったものです。本体の色はイギリス空軍色ダックエッググリーンです。3線跨線橋も同色です。


12345

3線跨線橋

製作者:パンターニさん
スケール:1/80
サイズ:W27cm D25cm H11cm


3線跨線橋は中央の線路が退避線や機廻し線になっていて、現実には多いですが、場所をとるためかレイアウトなどで見かけることは少ないものです。長い鉄骨部分を破綻なく組み立てると見栄えがします。橋脚の表現が秀逸なキットですが、それだけに組み立ても一番気を使いました。電球色のライトを仕込んであります。


12345

かどや・不動産屋

製作者:パンターニさん
スケール:1/80
サイズ:W10cm D7cm H8cm


エムズコレクションの「かどや」を不動産屋仕様でほぼストレートに製作したものです。旧作ですので雨樋はエコーモデルの旧製品です。ウェザリングは中程度で、設置場所に合わせてウェザリングを足すことができます。内部に3ミリや5ミリの角材で補強を入れてあります。大きな看板の周りはSTウッドの細切りです。


12345

信号梃子扱所

製作者:パンターニさん
スケール:1/80
サイズ:W14cm D8cm H10cm


壁面はSTウッドの板張りで、建物の角はバスウッドのアングル材です。木部の色は「木枯茶」の溶剤を少し飛ばしてから、濃い色にして使用しています。この建物も窓が多いので、窓枠をすっきりするようにしました。雨樋はエコーの新版ですが縦樋の長さが短いので、同径の銅棒にしています。


12345

2階建乗務員詰所

製作者:パンターニさん
スケール:1/80
サイズ:W15cm D8cm H11cm


キットは素材と考え、手を加えています。
壁面はSTウッドの下見張りとし、窓の周囲は1×1ミリの角材で新しく組みました。木部の色はクラシックストーリーの「木枯茶」を薄めに使用しています。窓が多いので窓枠をすっきり仕上げることを心がけました。雨樋はエコーの新版ですが、縦樋は同径の銅棒です。


12345
このページの先頭へ