トップページ > 作家・メーカー > 作家紹介 > 岡倉禎志


岡倉禎志


岡倉禎志

1963年 東京生まれ。
「煙り薫る頃」をメインテーマに鉄道関連施設を中心とするストラクチャー及びジオラマ作品を製作。
レイアウトを食卓とするならば、車輌は料理、ストラクチャーは器。料理人は精魂込めた一品をより”おいしく”食べてもらう為に”器”を大切にするのと同じく、車輌の完成密度に匹敵するストラクチャー作りを心情とする。

<誌面発表作品>
1985年4月号「とれいん」誌 ”C12のいる風景”
2010年7月、8月、10月号「TMS」誌 ”肥薩線のストラクチャーを作る”
TMSコンペ、入賞多数。

写真家としても幅広く活躍しており、中でも模型に関する出版物として「写真と図面で楽しむ鉄道模型」二玄社刊の全てを撮影。



岡倉禎志 作品紹介


このページの先頭へ