トップページ > 商品紹介 > シーンで選ぶ > 自動車のシーン


自動車のシーン


自動車にまつわる人々

自動車模型もほとんど扱っていない弊店。
一般的にはスポーツカーやF-1マシンが主役でしょうが、弊店ではもっと身近な車と、そこに関わる人々が主役なのです。

車が今より不便で、今よりいじれた時代の物語
「パンク修理中のフィリックス」


50's、60'sのアメリカ、乗物と人が織りなす小さなストーリー、オートシーン(AutoScenes)シリーズから代表的な一品。
彼女に怒られながらも必死に直しているフィリックス君がけなげです。

車も人ものんびりしていたアメリカの
「荷物を降ろす夫婦」


オートシーン(AutoScenes)シリーズからもうひとつ。
大草原でピクニックを始めるところか、はたまた大きな庭のある家の前に帰ってきたところか、いずれにしても夫婦の楽しいやり取りが聞こえてきそう。

あなたの素敵なコレクションを整備する
「メカニック」


1/43のミニカーサイズに合わせて1/43の人形もラインナップするプライザー社の人形です。
優秀なメカニックに囲まれた「愛車」を眺めてみませんか?

レース会場の雰囲気ががぜん盛り上がる
「テレビクルー」


これまた1/43サイズです。
レース会場の情景など造ってこの人形を配置すれば、最高のシチュエーションが完成です!



自動車

自動車は主役ではない・・・とは言いつつちょっと珍しい車や、ミニカーとしてはあまり出回っていないスケールの車をご紹介します。

自動車模型はここまで出来る!?
「御料車 グロッサーメルセデス MERCEDES-BENZ TYP 770 W07 (1930-1938)」


1/87、大きさ約65mmとは思えない精密さです。誰もがうなるか、ため息をつくできばえ。
これならご自慢のお召し列車と並べていただいても遜色ないと思いませんか?

テントウムシのような郵便車
「ミゼット DKAとMP5の2台セット 郵便車」


カワイイ!という声が聞こえてきそうな郵便車です。
これを見て「懐かしい」と感じるのか、「新しい」と感じるのか、世代ではっきり分かれそう・・・。

小さくたって、光るんです
「1950年式 シボレー・ピックアップ(LEDセット済み)」


全長がつまようじくらいの大きさのこの製品、なんとヘッドライトが光る!
LEDが仕込んであり、車体の下からリード線が出ていますので、後は電源につなげば光ります。



ディテールアップパーツ

弊店ではかつて、自動車模型やスロットカー製品を数多く販売しておりました。
今はジオラマ専門店として方向転換しましたが、熱心なお客様に支えられてディテールアップパーツだけは、細々と続けております。

金属表現に最適のフィルム
「ウルトラブライト・クローム・ベアメタル・ホイル」


カーモデルなどの金属部分の表現にご利用いただけるホイルです。
普通のクロームより光沢がありまさにクローム・メッキ風になりますが、その分わずかに皮膜が厚く、比較すると貼りづらい欠点があります。

旧車のディテールアップに
「クイックフュエラー・キャップ 旧型」


1960年代を中心に広く使われていたレーシング用のフュエラー・キャップで市販車でもシェルビー・コブラなどにも使われていました。
材質はメタルで塗装では得られない金属質感を充分にお楽しみいただけます。

車の表情が変わる!
「ヘッドライト 外寸8.6mm」


ヘッドライトリム、反射板、電球を一体で表現しました。
プロトタイプはフェラーリSWBなどでリム外側に若干のRが付いています。材質はアルミです。

模型の密度を高めてくれる
「六角ボルト/ナット 平径0.8mm」


洋白(金属)から一個一個すべてを削りだしたシャープな部品です。
胴部分を埋め込み、ボルトやナットの表面に出ている部分を表現するときにご利用ください。
埋め込み易いように先端を尖っているタイブに改良しました。

ディテールアップの定番商品
「極細コード 外径約0.38mm 黒色」


市販品で最も細いと思われる電線です。
実際に電気を流すことは可能ですが非常に細いためLED用など、低電圧、小電流にのみ対応です。
そのほかの用途として、1/24スケールの自動車模型のプラグコードなどの表現にピッタリの太さです。旧名称:プラグコード



完成品

ミニカーを飾るのに相応しいジオラマが欲しい。
おもちゃではなく、模型として完成された作品で、大き過ぎず、なおかつ買いやすい価格で・・・という商品はこちらです。

A4サイズの1/43用ジオラマ
「基地フェンス」


台座面積をA4サイズとコンパクトに抑えながら、1/43のミニカーを1〜3台ディスプレーすることを想定して、ストーリー性の高いシーンを再現しました。
この作品のテーマは米軍基地のフェンス脇。写真のようにアメ車を飾っていただくと雰囲気ばっちりではないでしょうか。

A4サイズの1/43用ジオラマ
「ニュルブルクリンク」


台座面積をA4サイズとコンパクトに抑えながら、1/43のミニカーを1〜3台ディスプレーすることを想定して、ストーリー性の高いシーンを再現しました。
ドイツのサーキットとして非常に有名なニュルブルクリンク、通称ニュルです。コースにある特徴的な落書きももちろん再現しています。

A4サイズの1/43用ジオラマ
「大和塀のある裏道」


昭和30〜40年代の裏道をテーマに、1/43のミニカーが置けるジオラマを造りました。
LEDが仕込んである街灯はボタン電池で点灯しますので、雰囲気のある夕方、夜道の演出ができます。
台座面積A4サイズとコンパクトなのも人気の秘密。

A4サイズの1/43用ジオラマ
「ローズヘアピン」


台座面積をA4サイズとコンパクトに抑えながら、1/43のミニカーを1〜3台ディスプレーすることを想定して、ストーリー性の高いシーンを再現しました。
F-1の市街地コースとして有名なモナコのモンテカルロ、その中でも象徴的なローズヘアピンを切り出しました。急斜面を下りながらのヘアピンカーブ。あなたはどんなドラマを演出しますか?

A4サイズの1/43用ジオラマ
「ラリーシーン その1」


台座面積をA4サイズとコンパクトに抑えながら、1/43のミニカーを1〜3台ディスプレーすることを想定して、ストーリー性の高いシーンを再現しました。
ラリーのオフロードコース(グラベル)がテーマの作品です。北海道あたりのコースをイメージして、林と沢も取り入れて、勾配のある地形となっています。腕に覚えのある方は、ミニカーの下に支柱を入れて車体を浮かせてジャンプシーンを演出してはいかがでしょうか?



まだまだ他にもございます!どうぞごゆっくりご覧ください。
Webショップを見る



ご不明な点はお問い合わせください。


このページの先頭へ