トップページ > 商品紹介 > シーンで選ぶ > 鉄道のシーン


鉄道のシーン


鉄道にまつわる人々

弊店では鉄道車輛の模型はほとんど扱っていません。
一般的な模型店とは逆に、その周りにいる人形にスポットを当てて商品を集めました。
単なる脇役とは言い難い人々の姿に、新たな楽しみや喜びを発見していただけることでしょう。

出会いと別れ・・・、駅はドラマの舞台です
「到着した乗客」


プライザー社の人形は素晴らしい造形と塗装が特徴ですが、巧みなストーリー性も大きな魅力。
このセットの人形たちが見せてくれるドラマは、すでに商品というより作品の域だと思うのですが、いかがでしょう?

こんな人形あったの!?
「寝台車乗客(車輛搭載用)」


案外少ない「寝ている人」。しかも寝台車用という辺りが鉄道模型の本場ドイツらしい。
もちろん、この人形たちを普通の家のベッドに寝かせても良いと思います。

模型ならではの悩みを解決する・・・
「座っている乗客(足ナシ)」


実際の世界では、人が座ればシートが沈み、人の体も変形してくれるのですが、模型はそうはいきません。
そのまま座らせれば妙に浮き上がったり、足が入らないということはよくあること。
そこでこうした足ナシの人形があるのです。適宜削ってご利用ください。

これで一通りの乗務員さんがそろいます
「働く人々(鉄道・バス)」


運転手さんから保守作業員さん、弁当ワゴンの売り子さんまで、いろいろな職種の人が入ったセットです。



線路にまつわる小物

線路。列車が走る道ですが、そこには様々な歴史や生活を感じさせてくれる名わき役が存在します。
そんな小物を集めてみました。

田舎の線路っぱたには
「線路標識セット(B) 5種16ヶ入り」


単線をまたぐ遮断機もない踏切のそばにはこうした標識が似合います。
このセットを眺めているだけで、茶色く錆びた線路と風に揺れる野花が見えてくるようです。

見た目はボロボロでも使っている技術は最新
「軽便用枕木セット HOn2 1/2(軌間9mm) コード40専用」


枕木のみのセットです。
とは言え、従来なら細い角材の切れ端のようなものを根気よく正確に並べていく必要があったところを、アイディアとレーザーカットという最新技術が大幅に手間ひま削減。
最初から朽ちた表現が施されていることも大きな魅力です。

アメリカの雄大な機関車に水を注ぐ
「給水タンク」


蒸気機関車が一休み。そんな風景にばっちりの給水タンクです。



鉄道にまつわる建物

代表は駅。
他にも意外と様々な種類の建物が存在するのです。

ノスタルジックな田舎駅
「日本国有鉄道 1号標準駅舎」


田舎の支線には、どこでもこんな駅がありました。
待合所にはぼんやりとした明かりが灯り、お客さんは汽車を待っています。

機関車が休む家
「単線機関庫」


シンプルで好ましい単線機関庫です。
2003年ごろに発売された商品の在庫をわずかですが確保できました。
屋根はペーパー、本体は木製レーザーカットのキットになっております。

駅は駅でも貨物用
「駅C1」


郊外でよく見かけた石作りの農業倉庫と貨物ホームのセットです。
木箱などの荷物パーツも付属します。

アメリカの田舎駅
「ダンバリー駅」


小さな駅、停車所というくらいでしょうか?それでも田舎町では外の世界とつながる重要な場所です。
多くの物語がここから始まり、あるいは終わっていったことでしょう。



総合キット・完成品

とにかく鉄道模型が走るレイアウトが欲しい!
という方向けの商品はこちらです。

工房作品
「なつかしの古里」


懐かしいふるさとの風景をジオラマ化、Nゲージレイアウトにしました。
真夏の昼下がり、駅に到着した数人の乗客を乗せてボンネットバスが走り出しました。牧場の裏には虫取りに出かけた雑木林、火の見櫓の先には夏休み中の小学校、やがてバスは海沿いの道へと出て行きます。池で釣りをする人、工事現場のおじさん、神社の巫女さん、いつもと変わらない人々の笑顔がありました。

半完成品
「ジオラマセットA 駅前と商店街(コントローラー付き)」


Nスケールの鉄道模型が走るジオラマ(レイアウト)が簡単に造れる半完成品です。
ベースは完成品(線路の固定、塗装やパウダーの実装済み)のため、建物等を並べるだけで手軽にジオラマを完成させることが出来ます。
建物や樹木などは通常のジオコレ製品と同等の物が付属します。それぞれ簡単な組立てを行ってから、ベースに載せてジオラマを完成させてください。



まだまだ他にもございます!どうぞごゆっくりご覧ください。
Webショップを見る



ご不明な点はお問い合わせください。


このページの先頭へ