トップページ > サポート > 使い方・造り方 > 鉄道模型 少年時代 > 鉄道模型少年時代 第33号


鉄道模型少年時代 第33号


ついにきました、照明&サウンドメカユニット!早速、接続してテストテスト♪
音は思ったよりも大きな音&分かりやすい内容。思わず笑ってしまいました。
光は、う〜ん。建物に仕込んだLEDがちょっと暗過ぎやしませんか?夜になれば印象変わるかな??



作業を始める前に・・・


メカユニットと各種ケーブルの接続が、ちょっと引っかかる感じで固めです。
ケーブルの根元、コネクタ部分は強度もないので抜き差しはコネクタをしっかりつまんで、慎重に行いましょう。特に抜くときにケーブルを引っ張ると故障の原因になります。




コツ・ポイント


農家の屋根内側にアルミシールを貼る際、形状が複雑なので以下の順に作業するのがオススメです。

1.イ(細長い方のシール)を台紙ごと屋根内側に押し当てて、跡をつける。

2.説明書通り、凸の突き出し部分に切れ目と、さらにそのままだとシールがダブついてしまう部分に切れ目を入れる。

3.もう一度、台紙ごと屋根内側に押し当てて、しっかり折り目をつける。

ウ(小さい方のシール)も同様にすると、右図のように切れ目と折り目がつくはずです。

赤線・・・ダブつき防止の切れ目
黄線・・・凸部分を避ける切れ目
緑線・・・一番深い谷(屋根の頂点)になる折れ目

こうしてから改めて貼ると、きれいに貼れます。

なお、失敗してシールがだめになった場合、キッチン用のアルミテープ(ガムテープのような状態で100円ショップでも売っています)が代用できます。


ショッピングサイトへ

「鉄道模型 少年時代」トップページへ
このページの先頭へ