トップページ > 「東京スカイツリー®」 > 「東京スカイツリー®」開発 その2


LEDによる照明の開発



<<動画:模型に組込予定のLED

スイッチ操作によって、照明のモードを切り替える様子です。(画面をクリックすると動画スタート)

なお開発中につき、実際の商品と異なる可能性があります。



「東京スカイツリー®」形だけでなく、光も再現

光の演出がもつ意味


「東京スカイツリー®」の魅力表現するのに大きさや形だけで十分なのか?
我々の答えはNO(ノー)。
「東京スカイツリー®」の美しさ、メッセージを表現するには光の演出が欠かせないと考えています。

光の演出について、詳しくは公式ページをご覧いただくとして、我々は「粋」、「雅」という2つのライティングモードを可能な限り忠実に再現しようと試みました。




心意気の「粋」風


イメージカラーは青系。展望台を周回する照明の帯が短く、元気な光が特徴です。



美意識の「雅」風


イメージカラーは紫系。展望台を周回する照明の帯が長く、穏やかな光。



制御するLEDの数は100個以上!?


第一展望台を周回する光の帯を表現するのに使用するLEDは48個、第二展望台は24個、これだけでも72個。
そのほか色の演出、構造体のライティングに使用するLEDを加えると、LEDは100個は超える見込みです。
この数のLEDを制御、しかも微妙な演出を加えるには自分たちで制御プログラムを作る必要があります。

ハンダゴテを片手にキーボードを叩く、およそ模型屋らしくない日々が続きます・・・。


「東京スカイツリー®」模型製品開発 その3へ

「東京スカイツリー®」模型製品開発 その1へ戻る

「東京スカイツリー®」模型トップへ戻る



東京スカイツリー®ブラスモデル お問い合わせはこちら



企画・発売 (株)アイコム
制作・販売 (有)さかつう
©TOKYO-SKYTREE



このページの先頭へ