奥津恵里 手のり情景ジオラマの世界

詳細

ジャリ道、電柱、ガスボンベ。ジオラマで描く建物と人。

2歳の頃、地面をじっと見入っていたらしい。
お人形の絵を描いては、鼻を絵具で盛り上げていた。そんな子供だった。
ある日テトラポットの模型を見つけ、並べていると海が欲しくなった。
トタン屋根の海の家があるプライベートビーチが誕生した。
眺めていると、イカを焼く匂いが漂うような気がする。

奥津恵里:
1960年 東京生まれ。花巻市在住。
いわて古楽の会メンバー(ヴィオラ・ダ・ガンバ)※2022年9月18日に演奏会。詳細はチラシ下部のご案内にあります。

●6月11日(土)、19日(日)午前中 作者が在廊いたします。
●ミニチュアのスケールは150分の1です。
●作品は手にとってご覧いただけますが、アクリルカバーは取らないでご覧ください。
●お手持ちのルーペと懐中電灯をお持ちいただくと、より一層楽しめます。

期間 2022年6月11日(土)~26日(日)
午前11時から午後6時
休日/木曜日・金曜日
会場 time & space 愛宕下
〒020-0013 盛岡市愛宕町23-49
電話・ファックス 019-651-8050
入場料 入場無料、カフェでドリンクなどご注文ください(カフェ メニュー
外部リンク 手のりジオラマ YouTubeチャンネルページ

開催中/開催予定のイベント

イベント一覧に戻る