新潟市民文化遺産認定 浦安橋遺構ジオラマ

コメント

かつて堀と橋のまちだった新潟市には、昭和3年コンクリート製に架け替えられた浦安橋の遺構がある。
今では、その下を流れていた二番堀も埋め立てられ、対で存在した橋の欄干も片方だけが残っているが、その存在を知る市民は少ない。
昨年、NHKブラタモリで取り上げられ、歴史遺産として多くの方に知っていただきたいと、当時の姿を想像しながら、ジオラマを作成し、展示している。

作家名 北川裕子さん
データ スケール:1/26
サイズ:幅30×奥行き60×高さ25cm

ギャラリートップに戻る